Solanum Traditio 、プロジェクト。
LizetDíazMachuca、MarcoChevarría、Ronald Romero、Tania Castro、LuisJustinoLizárraga、DanielHuamánMasiのコラボレーション。
  クスコ—リマ—ウィーン、2015年

©Ing。LuisJustinoLizárraga。  ©アンデス生物多様性研究地域センター、 クスコ。

©Ing。LuisJustinoLizárraga。  ©アンデス生物多様性研究地域センター、 クスコ。

Santisteban. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano. Arte latinoamericano y peruano en espacio público.

Solanum Traditio

学際的なパフォーマンスアーティストEmilioSantistebanによって提案された共同の学際的なプロジェクト。これは、9,000kmの集合的およびキュレータープロジェクトの一部です。ヘッチェン、 ウィーン、  2015年10月。

 

Solanum traditioは、ペルーのクスコとリマの学際的なチームと共同で行ったプロジェクトです。それは、ジャガイモを中心軸(証言ビデオ、書かれた記事、有益な画像)として、現在のグローバリゼーションプロセスにおけるグローバル文化の暗黙の問題の寓話、またはおそらく比喩として、重要な移住を強調しています。

 

なぜ(そしてどのような観点から)ジャガイモ

栽培されているジャガイモ( Solanum L. Sect Petota )はエコファクトです。南米の先住民の技術によって自然が改変されています。千年の種ナスツベロサムの亜種と品種(セントのstenotomum、  St andigena、St phurejaSt chilotanumは主に)、現在、世界の資源の遺伝的濃縮、技術的、技術的、文化的濃縮の源です。それは、知識のグローバリゼーション、多文化主義とグローバルな異文化の文脈における先住民文化の知識の明白な事例です。 5大陸の食生活におけるその遍在性は、蓄積された知識がそれを栄養価が高く、抵抗力があり、適応性があり、用途の広い塊茎にしたという事実によるものです。

 

ヨーロッパに農業が参入する前に、何千年もの間野生植物種の改変技術を生み出したのは知識です。彼は素晴らしい渡り鳥の旅をしました。最初に、現在のチリの低地と現在のボリビアの高地(12、500年と12、000年前に家畜化された)から現在のペルーの中央アンデス(2、200年と1、300年前に3,000品種に多様化)への亜大陸の移動で、そしてそこからインカ帝国(577年前)の働きによりアンデスの領土全体に。その後、植民地主義者のヨーロッパはこの知識を取り除き、アンデスで作成された亜種の1つであるジャガイモSolanum tuberosum andigena (1567〜1573)をカナリア諸島とセビリアに移動させました。しかし、適応の試みは失敗し(この亜種は1840年代にヨーロッパの領土から絶滅しました)、2番目の決定的な世界的な移動は亜種Solanum tuberosum chilotanum (そしておそらく部分的にneo-tuberosum )によって起こりました。この最後の輸入から、そしてStandigenaAndeanSolanum tuberosum phurejaのおかげでその後の遺伝的改善から、すべてのヨーロッパの品種と地球の他の地域からの品種が出現しました。

 

グローバリゼーション2.0が支配する世界では、さまざまな国家の権力の中心(権力のビジネスセンターが支配する)間の緊張、旧中央国の中産階級の生活水準の喪失、そして国境を越えた金融市場の押し付けがあります。クスコ地域(ペルー)には3,049の科学的に同定された先祖代々の在来種があり、そのうち6種類だけがヨーロッパ人のアメリカへの到着に続いているという事実を明らかにしています。農民と先住民のコミュニティの先祖の技術と先祖と現在の摂食慣行は、西洋起源の技術と商業的な食品慣行を通じて、数十の失敗よりも優れていることを示しています(現代の「改良された」ジャガイモは通常、ペルーで数十年しか生き残れません)[1 ]。

 

では、じゃがいもは何ですか

ミレニアル世代の改善技術と実践;半千年前の多様化の方法論;全世界に餌をやる約170年。ジャガイモは、おいしい料理の材料ではなく、世界の主食です。そしてその前でさえ、そしてまさにこれのために、グローバルな移住と移住する人々を尊重する理由、そして今日ヨーロッパと地球全体で構築するために必要なその異文化間の連帯のメタファー。

 

[1]出典:クスコのサンアントニオアバド国立大学のアンデス生物多様性研究地域センター。

共同編集者:

リゼディアス(リマ)。美術史家であり、文化遺産の管理者。のディレクター カサピ文化協会。
タニアカストロ(クスコ)。劇作家、女優、先祖伝来の文化の研究者、クスコのカサデラカルチュラデサンブラスの共同研究者。

マルコ・シェヴァリア(クスコ)。弁護士、遺伝資源の所有権に関するユネスコの研究者。

ロナルドロメロ(クスコ)。先祖代々の厨房の研究者、シェフ。

ルイス・ジャスティーノ・リザラガ(クスコ)。のディレクター兼主任研究員 アンデス生物多様性研究地域センター、 クスコ。

ダニエル・フアマン・マシ(クスコ)。の主任研究員 アンデス生物多様性研究地域センター、 クスコ。

アンデス生物多様性地域研究センター、ナシオナルサンアントニオアバドデルクスコ大学の研究者チーム。

 

リンク:
オッタクリングのSOHO

アンデス生物多様性地域研究センター

 

Solanum Traditio
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.
Emilio Santisteban. Centro Regional de Investigación en Biodiversidad Andina, Cusco. Arte de performance en América Latina y Sudamérica. Arte de acción y performance en Latinoamérica, Sudamérica, Perú, Lima. Arte contemporáneo latinoamericano y peruano.

Emilio Santisteban 、学際的なパフォーマンスアーティスト。ペルー。 m.me/emiliosantistebanartista emilio@emiliosantisteban.org お問い合わせください

  • Icono social Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Icono social LinkedIn